航空券の予約は早めに!スカイマークの搭乗手順や予約確認について紹介!

- 格安航空会社が遅延しやすいって本当?

格安航空会社が遅延しやすいって本当?

国内の旅行のとき、あなたはどこの航空会社を利用しますか。人によっては、ここだと決めていたり、その都度日程に合わせて選ぶこともあるでしょう。

そんな選択肢に格安航空会社は欠かすことができなくなっていますが、それでも外す人もいます。その人の声には、遅延しやすいからなんてのもあります。本当でしょうか。

ランキングで見てみると

実は国土交通省で定時通りに離発着するかを調査しています。それをランキング形式で発表しています。
2016年のランキングで見ると、スターフライヤーが1位となっており、それ以降に日本航空、スカイマーク、全日空となっています。大手のJALやANAよりも格安航空会社が上位に来ています。スターフライヤーはここ何年かで安定して上位となっています。
それに比べると、下位のランキングでは春秋航空日本、ジェットスター、ピーチとなっています。

2016年では大手でも、定時航空率を下げているところに注目も集まっています。特にここ最近の数字と比べても、2016年は最低水準だったと言えるのです。

大手以外は格安航空会社となるため、余計に遅延が多いようなイメージがわいているかもしれません。しかし、実際には大手を越えるところもあるので、あえて格安航空券だと遅延するからと決めつけて、格安航空会社を避ける必要はないでしょう。

ただし、遅延の対応は弱い

とはいっても、格安航空会社の場合には遅延が起きると、その幅が長くなる傾向にあります。以前には数時間遅れなんてこともあったりしたそうです。
というのも機体数も少なく、代替え機ですぐには対応できません。また、同じ機体で何回も飛行をしていますから、最初の方で遅れてしまうと、ドミノ倒し的にあとになるほど遅れる時間が長くなるとわけです。

さらに遅延した場合、宿泊やお詫び代といったサポートについてはほとんどしていませんので、大手よりもサポートについては弱くなります。
あと、振り替えも同じ航空会社内が多いため、振り替えしにくいといった面もあります。
なお、振り替えについても払い戻しも一定の期限がもうけられているので、その期間内で行いましょう。そうしないとこれらの対応もしてくれません。

避ける必要はないが使い分けが

国内で飛行機に乗るときも、せっかくですから、格安航空券も積極的に利用してもいいです。
とはいってもビジネスや大切な用事で遅れてはいけないときには、大手かランキング上位の格安航空会社を使い分けたり、前日移動や早朝便などの利用などを検討しましょう。