航空券の予約は早めに!スカイマークの搭乗手順や予約確認について紹介!

- 子ども1人でも飛行機に乗ることはできるの?

子ども1人でも飛行機に乗ることはできるの?

家族で子どもを連れて旅行なんて経験も今時では当たり前です。国内の旅行はもちろん、海外だって子どもの頃から行っているなんてのも当たり前となりました。
そんな子どもをつれての旅行ですが、では子ども1人での旅行なんてできるのでしょうか。格安航空券でもできるのか見ていきましょう。

格安航空会社によって異なる

子どもが1人で登場できるかについては、まずは年齢が大きく関係してきます。ジェットスター、ピーチについては満12歳以上となっており、それを越えないと1人では搭乗できません。必ず家族の同伴が必要となります。

その他にはスカイマーク、ソラシドエア、エアドゥ、スターフライヤーについては満6歳~7歳から搭乗は子ども1人でも可能です。それ以下では親と必ず同伴となります。
そして、利用に当たっては子ども1人専用のサービスが用意されています。こうしたサービスへ申し込むことで、搭乗できるというわけです。ただし、航空チケットを予約すればいいと言うわけではありません。
手続きもいろいろとあるので、それを踏まえてから、やっと搭乗できるというわけです。

基本的な手続きの流れとは

まずは、予約するときに子ども向けのサービスの利用も伝えます。予約してから、予約センターなどへ電話して伝えておきます。
そして、搭乗日までに申込書や同意書をホームページより印刷しておき、内容を記入しておきます。子ども1人にたいして1枚となります。

そして、当日は空港カウンターにてチェックインし、申込書や同意書も提出します。
それから保安券場を通過し、搭乗口までいきます。保護者は1人までは搭乗口までいけます。そこで見送りとなります。なお、搭乗は優先的にはじめの方となるので、早めに搭乗口へ到着しておきましょう。
搭乗後は、スタッフが席まで案内してくれたりします。座席もあらかじめ指定しておきましょう。なお、航空会社として後方の座席を勧めているところもあります。

目的地へ到着すれば、スタッフが誘導してくれたりします。最後は目的地での迎えに来てくれる方へ子どもを引き渡してサービスは終了となります。あと待ち合わせ場所も格安航空会社によっては、ここら辺というように決まっているケースもあるで、あらかじめ確認しておきましょう。

安心して任せてみよう

利用に当たって、もしも悪天候の時などには、子どもは搭乗させないようになっています。
なので、確実なときにだけ搭乗させるので安心していいのです。

国内の旅行で、格安航空券で子ども1人旅をさせてみるのもいいでしょう。格安航空会社は、しっかりとサポートしてくれるので安心です。