航空券の予約は早めに!スカイマークの搭乗手順や予約確認について紹介!

- 体が不自由な人の搭乗ってどうなっているの?

体が不自由な人の搭乗ってどうなっているの?

以前に体が不自由な人に対して、国内の格安航空会社の対応がよくなかったと話題になりました。さらに高齢になってくると、いろいろと体も変化して不自由になることもあります。
また、障害のある人などの搭乗って本当に安心してできるのか気になります。
ここでは、体の不自由な人が格安航空券で安心して乗れるのか見ていきましょう。

搭乗を安心してもらうために

確かに以前のニュースもあると、改めてもしかしたら予約もできないのではとか、実際に乗り降りでサポートがないのではと不安がって予約をしない人もいるかもしれません。

しかし、この件もあってからそれ以降は、よりサポートに力を入れるようになっています。なのでまずは予約してみて、体のどこが不自由かやどういったサポートをしてほしいか伝えるようにしましょう。当日だと確かに格安航空会社側も準備不足で不十分になるかもしれないので、先に伝えておきましょう。
格安航空会社のホームページでも、専用のページにて対応や乗る前の注意を書いていますので、予約前にまずは参考にしましょう。

搭乗で気を付けることとは

まずは、事前に医師へ相談したり、診断書も用意しておきましょう。やはり相談しておくとより安心して、搭乗することができます。また格安航空会社としても、診断書があった方がサポートもやりやすいようです。

次に車イスですが、今だと各地の空港にも用意はされています。それを利用したいときには事前に伝えておきましょう。また自分の車イスを利用するときには、これは受託手荷物として預けることとなります。階段の登り降りはスタッフが対応するので、あすげておきましょう。

また機内でトイレの利用などで介助が必要な人の場合には、必ず同伴の人が必要となります。介助の人が必要かもあらかじめ予約前に確認しておきましょう。
あと座席指定については、体の不自由な人の場合には、非常口は指定できません。非常口に座る人は、緊急時にスタッフへの協力も求められるので、体の不自由な人はここは指定できないのです。

そして、体の不自由な人の中には、耳や話すのに不自由な人もいるでしょう。そうした人だと、ファックスによる予約も受け付けています。返信もファックスでとなります。

まずは予約してみよう

確かに格安航空券を使って国内の飛行機に乗るのも健康であること、不自由な人だと断られるのでは、無理ではと考えがちです。
症状や状態ももちろん見ますが、必要以上に不安がる必要はありません。予約、相談してみることから始めましょう。