航空券の予約は早めに!スカイマークの搭乗手順や予約確認について紹介!

- スカイマークの格安航空券を利用してみよう

スカイマークの格安航空券を利用してみよう

格安航空券といっても、多くの航空会社から販売されています。国内の旅行の時にはぜひ、利用していきましょう。そんな利用にあたって、ここではスカイマークを見ていきましょう。
北海道や沖縄にも路線があり、利用のしやすさもかなりしやすいと言えます。ぜひ参考にしながら、格安航空券についても知識を深めていきましょう。

格安航空会社の拠点はどこ?

安く飛行機に乗れるのが、格安航空会社の最大のメリットですが、どこででも必ず格安航空会社を利用できると言うわけではありません。
たとえば、多くの格安航空会社は北海道や九州など地方に本社があります。そのため、路線もその本社のある地元と東京羽田や関西国際空港、中部国際空港のような大都市圏の空港を繋ぐということになります。そのため、たとえば九州在住の人だとエアドゥは使えないなど、使えるところが限られてくるのです。

そんな格安航空会社と比べると、東京に本社のあるスカイマークだと羽田から札幌、神戸、福岡、長崎、鹿児島、沖縄があったり、札幌から羽田や茨城、名古屋、神戸、福岡など地方間同士の路線もあったりしてかなり多いです。利用の幅は、格安航空会社の中でも群を抜いています。

ゴールデンウィークや夏休みシーズンや年末年始に安く旅行したいときには路線も多いので、選んでみても良さそうです。

搭乗手続きどうなっているのか

格安航空会社ということで、大手のANAやJALと違いがあるのか、特別なことがないのか気になる人もいるでしょう。しかし、基本的には大手と変わりはありません。ただし、提示するものや必要なものがあったりするので、事前に確認しておきましょう。

まずは、空港カウンターでの手続きがあります。その際には支払い方法により本人確認も変わってきます。
クレジットカードでの支払いの時には、クレジットカードの提示が必要です。コンビニ払いの時には、お客様控えや領収書を提示します。旅行代理店の時には、航空引換証を提示することとなります。
なお、このときに荷物も預けるものがあれば出すようにしましょう。

次に自動チェックイン機です。自動チェックイン機では、予約番号などを入力すると搭乗券が発券されます。また、座席指定も可能となります。
なお、自動チェックイン機が利用できないこともあります。
当日購入の場合、支払いがまだの人、体の不自由な人で解除が必要な人、12歳未満の子どもが一人で乗る場合などのときには、必ず空港カウンターでの手続きとなります。

これらの空港カウンターでの手続き、自動チェックイン機での手続きも他の格安航空会社でも同じような流れとなります。
あとは、保安検査場を通過し、搭乗口で定刻になれば搭乗となるのです。
子どもの一人旅の場合には、保護者が搭乗口まで見送りすることも可能です。

早めに空港へ行くこと

特に格安航空会社を利用する場合には、早めに空港へ着くようにしましょう。
空港によってはコードシェアとして自動チェックイン機やカウンターが他の格安航空会社のものの場合があり、探しにくいなんてこともあります。搭乗口まで、さらに何分間か歩くこともあります。
チェックインについては20分前までですが、混雑することも多くチェックインしても、搭乗口に来ていないと、出発もしますから早め早めの行動が大切となります。

また早めに到着しておくと、欠航時にはどうすればいいのかもスタッフにも、確認しやすくなります。基本的には大手と同様に振替や払い戻しとなりますが、期限などもあるのでよく確認しておきましょう。これも他の格安航空会社でも、同じようなこととなります。

各地から使えるのが大きい

スカイマークならば、国内の各地から利用できるのが大きなメリットです。ぜひ積極的を利用していくと、格安航空券の良さもより実感していくでしょう。